カテゴリー別アーカイブ: 2014 ローマ→フィレンツェ

次はお食事レストラン♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA今まさに勢いにのってきた若きシェフが腕を振るうお店。こちらです。

 

お客様も品の良い紳士ばかり。

ホールは、一人の女性が動かしていて、切れのある、無駄のない、それでいて丁寧な心配りができる方でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

素晴らしい仕事ぶりに私も見とれておりました。

 

さぁ、とっても美味しかったお料理の数々。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAもっと早くアップしてればよかったのですが・・・

まぁ・・・・美味しかったという記憶はあるのですが・・・・見事に忘れています。

でも、見たら何だか想像が付きますよね・・・・・ナンチャッテ(笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこの日、オーダーしたのは

クルドの盛り合わせ。

とオマールのリゾット。

ま、お刺身盛り合わせ!とでも言うのでしょうね♪

手長海老も

OLYMPUS DIGITAL CAMERA牡蠣も

お魚も、蝦蛄 も、どれもこれも新鮮で本当に美味しいんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAぷーりぷり~♪

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAこ因みにイタリアで食べる蝦蛄は尻尾のところに白い☆マークが付いていて、チカラ デ マーレと呼ばれ魚介のスープに入れると最高に美味しいんですよ!!!

 

勿論、自家製の各種パン。

 

これこれ、オマールのリゾット。

味わいたーーーっプリ、お腹いっぱいになってきてたけど、ペロリ~っと食べちゃいました。

来年のオマール料理はリゾットにしようかしら・・・・(^‘^)♪OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてそして、〆のドルチェ

フルッタ ディ ボスコのミルフィーユ

この、ごっついとこに、イタリアらしさを感じます。

美味しいんですよ。

で、問題はここのお店のお名前ですよね。・・・・・思い出したらまた、アップします・・・・(汗)

 

 

いざ!メルカートへ。中央市場です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA色とりどり種々様々な食材が並ぶ並ぶ!!!

豚の頭も、

鶏の頭も、

兎の頭もついたまま・・・。

日本じゃあまり見かけない売られ方をしています。

魚介や様々なお野菜、様々な部位のお肉を使って作られたお惣菜。

美味しそう!!!

チーズも山ほどあります。

 

 

 

でも、やはり一番の目的は

プロシューーーーーーート!

今回も

『ポッソ アサジャーレ?』

と、おじちゃんを見つめて

おメメ、パチパチ気味にお願いすると、いーーーっぱい試食させてくれます。勿論ご自分のお好みでしょうけど・・・・やっぱり、お高いのが美味しい!当たり前の法則♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERAプロシュートを買ったあとは、ビステッカをあれこれ見て周り、このくらいの幅で切ってね!とお願いすれば、OK!!

塩・胡椒を振りかけて、表面を焼いて、オリーブオイルをかけて食べたら最高でしたよーん♪♪♪

旅のお話・・・フィレンツェに到着

ローマ→フィレンツェの旅の最終目的地

OLYMPUS DIGITAL CAMERAフィレンツェに到着

いつ訪れても変わらない佇まい。なんだか嬉しくなるドゥーモ。

できる限り荘厳でかつ豪勢であることを旨として172年間の歳月をかけて建設されたものだそう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA少し歩くとシニョリーア広場。

沢山のレプリカではあるが、彫刻の作品が並べられています。

この1対のライオンの像、どうも、日本の狛犬とルーツが一緒のようです。良く阿吽の呼吸とも言われますが、口をあけているものと、口を閉めているもの、ヨーロッパにおいてもそれは同じですね。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

旅のお話 フィレンツェ田舎のお料理教室

OLYMPUS DIGITAL CAMERAフィレンツェ近郊のとある山の中の小川のほとりに建つホテルの前で待ち合わせ。

この辺にはココ1件しかホテルはないから間違いようがないらしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA見るからにヤンチャそうなララちゃんがお出迎え。 すっごく可愛いの!

将来の夢は、トリュフ犬になることらしいですよ。

それらしい顔つきしてますよね

OLYMPUS DIGITAL CAMERAそしてこちらのお宅、家の外側も内側も全て手作り、そして、薪オーブン。

初めて見ました。

これを活用してあるお宅があるんですね。

素敵です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お料理は今が旬とばかりにどこにでもある、アーティーチョーク。

羊のお肉と煮込みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAま、コンナ感じ。、美味しいのですが、お肉がチョット硬かった・・・なので、

家で作るときは、これをアレンジしてみよう!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前後しますがアーティーチョークは、こんな風に処理してレモン水に漬けて調理します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAそして今回のパスタはこれ。

マッケローニ

プーリア州のマンマはこんなマッケローニを鉄の角角の棒で作るんです。一度に2個一緒にコロコロ作るそうですよ。

ありえません。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてソースと絡めるとコンナです。

湯気がたって美味しそうですね~。

このパスタ作り、結構楽しいです。

このあとは、皆さんでお食事タイム♪有意義な時間をありがとうございました。

旅のお話 Arezzo

IMG_20140202_182031ずっと雨でした。車での移動中窓越しに写した羊の群れ。

雨の中でも、もしゃもしゃ草を食んでます。

が、ヤギかな?と思うくらいふわふわのはず・・・の毛が雨に濡れてべっしょりんこ・・・

哀れ~でも本人たちは気にしてないのかも・・・。

arezzoの町並み実は、1件目と2件目の温泉の間に昼間Arezzoという町に立ち寄っていたんです。

ここでアンティーク蚤の市があってるというので覗きに・・・。

この町は、イタリア映画lIfe is beautifulの舞台となった町です。

カメリエレをしていた男性が裕福な家庭のお嬢様に恋をして、そのお嬢様に猛アタック!「僕のお姫様~☆」みたいな感じでしたよね。そして目出度く結婚。駆け落ちだったのかしら・・・。そして男の子を授かったのだけど、数年後、戦争・・・・。幸せな頃の撮影がここの町であっていたようです。二人乗りをした自転車で坂を下りてくる場面など・・・。

さて、ココでお昼ご飯を食べなくちゃ!!!

2014-02-02-21-51-56_photo見つけました。美味しそうなお店。

この写真はメニューの表紙を写したのですが、IL CANTUCCIO というお店です。

地元の人たちでにぎやかな店内は少し狭いけれど活気があって楽しい♪

 

 

2014-02-02-22-03-01_photo

 

まずは季節のアーティーチョークをサラダで頂きました。レモン・オリーブオイル・パルミジャーノをかければ完璧!!

 

 

2014-02-02-22-13-28_photo次はブロード仕立てのラヴィオリ~。もう、最高に美味しい。

雨で冷えた体を暖めてくれます。

全て、お店の方たちの手作りですよ。

手作りパスタはイタリアのママの味です。

う~ん、幸せ~♪♪♪arezzo

はぁい、そして最後にお肉のカルパッチョ。って、もともと、カルパッチョはお肉だったんですけどね・・・。何だか今はお魚が主流に考えられていませんかね?

こちら、白と黒のタルトゥーフォーとパルミジャーノ乗せ~。美味しくないわけないじゃありませんか!?ペロリと完食☆☆☆

ここで、カルパッチョ発祥の地ヴェネチアのカルパッチョもついでにアップしておきます。お店はヴェネチアのハリーズバーです。P1030639この写真は2007年の夏のヴェネチアです。

 

 

ゴンドラにのーんびり揺られて気持ち良さそうですね。

 

P1030634で、ここヴェネチアにある、ハリーズ・バーが、カルパッチョの発祥の店。

1950年のことらしいですよ。

病気の伯爵夫人からご相談を受けてつくられたとか・・・。

 

 

 

P1030633カルパッチョという名前は、赤色を使うのが特徴的な画家ヴィットーレ・カルパッチョさんの名前からつけられたとか・・・。生肉の赤とイメージがあったのでしょうね。

初めて作られたときはフィレ肉だったらしいのですが、今は牛のロース肉。とにかく赤身を使います。

又、食べに行きたいな~。ついでにこのお店発祥の飲み物はベッリーニ。

P1030623桃の果汁と、シャンパンを合わせた甘いカクテル。

それが、こちらの乙女心に染み渡る桃色のお飲み物です。

こちらのお店に行ったのは、留学していた時ですから、姉夫婦が遊びに来てくれた時に、連れて行ってもらいました。良き思い出です。感謝。