ほぼ24時間東京へ✈

久しぶりの東京でした。15:00代の福岡発の✈に乗り翌日15:05の羽田発に乗って帰ってきました。ほぼ24時間☆

ここぞとばかりにお会いしたくてできていなかった、ラトリエモトゾーのシェフ、藤田シェフにお会いしに~。イタリア語の翻訳家中村浩子先生のご紹介で、生地のお話など伺いたくって、訪ねてきました。

イタリアのパイ生地とフランスのパイ生地の違いや、古典的なドルチェを作る時に、考慮することなど、いくらでもお話してくださるんです。私たちの後にもシェフにご挨拶なさりたいお客様がお見えでした。

22366568_814990705327359_2526181826133878203_n

こちらでケーキをいただく前にお写真を~❤

藤田シェフ、貴重なお時間を割いていただきありがとうございました。

22406242_815009258658837_8973277021774390981_n

で、今回のメインイベントの会場、広尾のアクアヴィーノとアクアパッツァへ。

サリーナ島のケッパー祭り~写真をスマホで撮ってたのでこちらにアップできないのが残念(涙)

70名もの方々がお集まりになっていて皆さんどこかでつながっている~❤素敵なあったかいパーティーでした。日高シェフによるケーパーを使ったパスタソースのお料理教室も全員がちゃんと見れるように3回に分けてしてくださいました。

お料理が出来上がるまでは、長本和子先生によるイタリア料理のセミナーリオ。会場の方に『何か知ってるイタリア料理の名前を言って』との投げかけに、『アクアパッツァ』と声がかかる。そうすると、その料理ができた歴史的背景や、どうしてこう調理したか。というお話をしてくださる。・・・という具合。興味深いお話に皆さんのお顔も真剣でした。

お料理ができてきたー!!ということで先生のお話に巻きが入り、お食事へ。

次々に出来上がるお料理を日高シェフ自ら、ずーーーっとドルチェに至るまで、お取り分け♬♪頂きました。

22310427_815009415325488_2835169430367678721_n

翌日に続く~(*^。^*)

 

 

 

中村浩子先生の講習会

P1160174.JPG2017年も、10月に突入です。

流石、暑さ寒さも彼岸まで~の言葉のように、お彼岸過ぎから、涼しくなってきましたね。体調を壊されている方はいらっしゃいませんか?

こちらの写真は家庭画報さんの雑誌の一部を写したものですがフィレンツェ・メディチ家のの食卓をイメージして作られたテーブルなんだそうです。

先日9月29日、イルチェロにて、イタリア語翻訳家・文筆家でいらっしゃる中村浩子先生をお招きして『メディチ家とフィレンツェの料理』というタイトルで特別講座を開催いたしました。

P1160228.JPG

こちらが浩子先生。知的で素敵なお方です。P1160226.JPG

フィレンツェを訪れたことのある方もない方も、一度は聞いたことがあるであろうメディチ家。両替商として富と権力を手にした一家。その一族の女性カテリーナ。彼女がフランスに嫁いで、自分の居場所を確立するために大いに役立てたのが、幼少のころからメディチ家で培われた食に対するこだわり。食の知識と舌だったようです。

これ、すべて浩子先生の講話の中に出てきたことです。

そもそも、先生がなぜイタリア語に進まれたのか・・・きっかけになったこと、私も納得!!その場に居合わせた女性全員(たぶん)納得❤流石でございます。私たちに合わせた目線でお話をスタートしてくださいました。(笑)

フランス料理の基礎をこのカテリーナがイタリアから運んだ、という説。・・・・いや、それは時代が違いすぎる・・・・と、ちょっとだけ否定的な説。色々と、耳にしますが、フランス料理の発展に一役買ったのは間違いないようですね。

そこで、この日は、浩子先生のご提案で4品のメディチ家にまつわるお料理を皆さんで用意して試食。前日用意、頑張りました☆

Insalata di Caterina カテリーナのサラダ

Crespelle alla fiorentina フィレンツェ風クレープP1160231.JPG

Anatra all’arancia alla fiorentina 鴨のローストオレンジ風味…オレンジのソースは別添えに

P1160235

Castagnaccio  栗のトルタ

横に付けているのはマダムMお手製の栗の甘露煮・・・毎年とても美味しいのです❤

P1160230

☆ここで、お知らせ☆

中村浩子先生の特別講座が同じタイトルで10月7日土曜日

東京の高田馬場  リンガビーバ・リストランテ文流にて行われます。

ご興味のある方は、お問い合わせなさってみてください。

 

 

Il Cieloからのお知らせです。

写真はすべてイメージですp1120142ここ8年間ほど、料理教室をしていく中で、たくさんのご縁のつながりで、イタリアに携わる方々。お料理に携わる方々。たくさんの素晴らしい先生方に出会うことができました。

そのような素晴らしい方々のお話やお料理や哲学をあらゆる方面から皆様にご紹介できたら良いな~と思い、昨年ごろからILCIELOにて特別講習会を何度か実施しております。

日曜日の開催が多いため、それと場所が狭いため、なかなか皆様にご案内できず、ご参加いただけずに心苦しく思っております。ご紹介だけは、いつもさせて頂きますので、もしご興味があられる時は、私まで(michi39818@gmail.com)どうぞお声掛けくださいませ。

9月29日金曜日 11:00~  6500円 *エプロン必要です・・満席

イタリア語翻訳家・文筆家 中村浩子先生・・・・講話『メディチ家の食卓について』

先生の講話の後、メディチ家からフランスに渡り今やフランス料理として親しまれているお料理を4品ほど、ご紹介させて頂きます。

勿論ご参加いただく皆様で、作って試食いたします。!(^^)!

 

10月1日日曜日 11:00~ 残席わずか * エプロンが必要です

穐吉陽一郎先生・・・・和食の講習会  テーマ~秋~  6500円

p1120487

もと浄水茶寮の店主。穐吉先生のご指導で、ご参加の皆様と一緒にお出しをひき、お釜でご飯を炊いて、夏は鱧の骨切りなど実践させて頂きお勉強させて頂きました。

秋のお料理が楽しみです。もうすぐ打ち合わせですのでその時決定いたします。

 

 

10月22日 日曜日 11:00~ 残席2

           15:00~ 残席3    参加者募集中です

出野尚子先生・・・・お茶会  お菓子・軽食付き  3800円

普段は熊本でご活躍の尚子先生。先生の笑顔を見るだけで心癒されます。とっても優しい気持ちが、お茶に出ます。

私は、月に一度は先生のお茶を飲み茶葉を愛で~という時間を持ちたいと思います。

中国茶を中心に、ゆったりとした気持ちでお茶と向き合い心のゆとりを取り戻す時間を過ごします。

お菓子は尚子先生といつも活動なさっているゆかさんが焼いてくださるそう。軽食は私、二又が担当いたします。

P1130636

≪柚子茶作り≫韓国宮廷料理師範 西田圭子先生

 

大分の無農薬、白い綿の所にもまったく苦みのない素晴らしい柚子を使っての柚子茶作り。今年は久留米のILCIELOでも講習会をしていただけるようになりました。ふるってご参加ください。

この時、先生の素晴らしい韓国料理が少しですが、いただけるかもしれんません。(*^。^*)

 11月26日日曜日 11:00~   残席4   *エプロンが必要です

   27日月曜日 11:00~   残席2   *エプロンが必要です

 

≪クスクス≫ シチリア料理教室  佐藤礼子先生

P1060247

10年ほど前からシチリアに行くときに、お世話になっている佐藤礼子さんのお料理教室を、久留米で開催できるようになりました。

今回は、皆さん大好きな魚介を使ったお料理ということでクスクスをリクエストさせていただいています。

現在満席となっておりますが、キャンセル待ちも受け付けております。

12月3日日曜日 11:00~     8000円  満席・・・キャンセル待ち受付中

12月4日月曜日 11:00~     8000円  満席・・・キャンセル待ち受付中

 

秋ですね。

P1160164先日、台風が来る前にお庭の栗拾いをしたんです。と、それはそれは美味しい栗を頂きました。柔らかくて口どけがシルクのようにトロリとしていて感激です。

秋の味覚、今秋初の栗ごはん。

そして今日は台風18号が福岡接近!!ということで会社に居ります。(@_@;)

ちょうど良いので、ブログ更新。夏にお知らせしたかったお菓子のお話もあったのですが、いつか、機会があっればまたその話題も致しますね。。。

今回は9月のお教室のお話です。

こちらも少しだけ秋模様。麻美先生に重陽の節句に合わせたテーブルフラワーをお願いしました。

P1160156

鮮やかな菊が、邪気を払ってくれそうです。

で、今月は渡り蟹のスパゲッティをしています。

後ろに見えるグラニャーノのパスタ。美味しいですよ。勿論、オリーブオイルも!!

今月19日まで小倉井筒屋のイタリア展で購入できます。こちらのパスタ、もうすぐ完売らしいです。好評で良かったです。P1160117

他のお料理は、ざっとこんな感じです。

涼しくなってきたので、ちょっとこってりしたものも、作ります。P1160158

どうぞ、お楽しみに~☆

女性はラムを食べると良いらしい❤

ラム肉は、何かと女性の味方。鉄分補給で肌あれを防いでくれます。

高タンパク質・低カロリー。ビタミンB群・鉄分・ビタミンA・必須アミノ酸の一種、L-カルチニンが豊富なお肉です。滋養強壮にバッチり~☆

ダイエットにも体の冷えとりにも効果的なのだそう。

夏でも、冷房のためオフィスで寒い思いをしている方も多いはず。それに更年期で汗を流していても、お腹が冷えていることって私はよくあります。P1150710.JPGいやー、でも苦手~(・_・;)とおっしゃる方もいらっしゃいますよね。

でもでも、どうかお召し上がりになってみて下さい。

今回はヴィネガーでマリネしてさっぱりいただけますよ。

焼き加減はミディアムレアを目指します。両面を色よく焼いて、金串をさして『1・2・3・4・5』と数えたら串の先を唇の下に当ててみましょう。温かくなっていたらOKです。

バッドにあげてホイルをかぶせて落ち着かせます。

P1150718.JPG

合わせる野菜は、スパイスの香りたっぷりにアグロドルチェな感じに仕上げます。

P1150719

私的には、なかなか気にいってるメニューとなりました。(#^.^#)